目覚めるとき

ご無沙汰しております。法貴でございます。

昨今は新型コロナウイルスの影響が社会を脅かしております。申し上げたいことは山ほどありますが、少しだけお話させていただきます。

私はこの様な状況になることは予想してましたし知っていました。全てを予言していました。しかし、予想より早かったです。

はっきり申し上げますと、我々は目覚める時です。

世間を見ていますと、あらゆる批判、怠慢、傲慢等々あります。これは今に始まったことではなく、コロナウイルスがそれらを暴き出しただけのことです。それを国民は誰かの責任にしているのです。今コロナウイルスに対し政治家や役人はあらゆる対策を講じていますが、これに対し批判が集中し、様々なデマまで横行しております。

私はこれらを誰かの責任にするでもなく、一切を自分の責任にすることをお勧めします。

現状を見ていますと誰かが誰かの責任にしているのです。批判にしても助言無くては生産性はありませんし、政治家や役人もこれだけでは日本を良くしたいと思わないでしょう。今は腹が立っても国民が一丸となって政府と協力するべきなのに、これでは何も進展しないでしょう。

元を正せば、現実を直視せずにぬるま湯につかり続けたのは私達であり、これまで政府を容認していたのは私達です。今の政府を選んだのは自分自身、怠慢な政治家や役人にしたのは私達自分自身の責任ではありませんか。各々が責任を持ちなさい。

誰しもが使命や誇りや信念を忘れた結果が今の日本です。冒頭にありましたように我々は目覚めるべきです。

行雲流水という言葉があるように、これ以上はなるがままにしかなりません。

今となってしまえば、これまでの経験が今後の自分自身を左右する時であり、予行演習は終わったのです。これからが本番です。それに気が付いた人は幸運です。

真実を見極める眼を持ちなさい。今の日本の現状は我々の責任です。恐れずに構えていなさい。

日本が平和でありますよう祈願致します。

色気ソムリエ 代表 法貴 博光

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です