時代を超えて

御先祖様がWikipediaへ掲載されました。下記よりご紹介します。

彼は士族、官僚、政治家。

旧藩士の頃は開国佐幕派(尊皇)でした。
佐幕とは「幕府を補佐」、開国とは「国を開く(鎖国と反対)」です。

つまりは「天皇を利用して幕府を倒そうとする連中を潰し、幕府を助ける」という意味です。

彼は幕府を補佐、国事に奔走し、廃藩知県の最後まで幕府に忠義を尽くし、後に日本の為に新政府から政治家へと生き様と使命を全うしました。

彼は異端で視野が広く 真実の眼 を持っていたでしょう。誰よりも日本や国民のためを想ったでしょう。「自由」「平等」を深く望んだでしょう。
今の日本の行く末を、彼ならどのように感じるでしょうか。今生きていたら聞いてみたいものです。

彼の血統を受け継ぐ者として、天皇陛下より栄光を賜る血族として、私も忠勇無双 去華就実 にて日々精進して参ります。

血族と関わりの合った人物は、今でも因縁が続いています。
例えば、彼と関わりの合った板垣 退助 先生は無双直伝英信流(居合)を嗜み、後に第17代となる大江 正路 先生と共に修めていました。
また、居合を学ぶために高知を訪れた中山 博道 先生(渋沢 永吉 先生の影響)に、無双神伝英信流の細川 義昌 先生を紹介しています。
私は前者の流派を嗜み、奉納演武も致しました。また、お世話になっている武道具店の創業者は中山 博道 先生の意志を引き継いでおられ、当初より格別な想いを寄せています。
この他、様々な歴史の著名人が時代を超えて今尚因縁で繋がっているのです。
この奥術を発動させたのは私ではありません。今の私が奥義を授かることで得たものです。

今でも彼の影響力は計り知れません。
日本を守り育てた先人達に感謝致します。

掲載頂きました方々並びにWikipedia様に感謝申し上げます。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/法貴発

色気ソムリエ 代表 法貴博光

色気ソムリエ パーソナルトレーナー

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です